芸妓泉の獅子舞




おばけ
節分の日に仮装して鬼を追い払う風習のことです。
花柳界独特の風習で、元々は年増が半玉に、半玉が年増に「化ける」ことから始まりました。現在では節分の時期に芸妓衆が思い思いの仮装でお座敷に伺い、そのためにつくった踊りを披露したり、お客様を楽しませる行事となっています。




さくら祭り



花火



勧月の宴